忙しい時でも気軽に摂取出来るから安心|サプリメントの魅力

免疫力を高める

ブルーベリー

体を守る成分

ブルーベリーは目に良い効果を発揮するアントシアニンが含まれていることでよく知られていますが、実は目に良いだけではありません。ブルーベリーは体の免疫力を高める効果があり、とくに風邪やインフルエンザなど体調を崩しやすい季節に食べると良いといいます。ブルーベリーは大人だけでなく、子供にも親しまれる味です。そのまま食べるだけでなく、他にもジャムやドライフルーツ、最近では冷凍されたものを販売するところも出てきており、その食べ方はバラエティ豊かです。寒く乾燥しやすい冬の時期においしいブルーベリーを食べて栄養を取り入れるだけで、体の免疫力を高め、風邪やウイルスに強い体質に改善させることができるようになります。

ポリフェノールの1種

なぜブルーベリーは体の免疫力を高める効果があるのかといいますと、ブルーベリーに含まれるアントシアニンはポリフェノールの1種で、ポリフェノールには活性酸素を抑制させる効果があります。活性酸素はある程度の量は必要とされていますが、体内で増えすぎてしまうと老化を進行させ、免疫力を低下させてしまうのです。活性酸素の増えすぎを抑え、さらにブルーベリーにはビタミンAも含まれているので、皮膚や粘膜を丈夫にし、体を守る効果を高めてくれるのです。しかしアントシアニンは24時間しか効果がもたないといわれているので、そのときに大量に摂取しても効果は1日だけしかもちません。毎日食べることで効果を常に引き出すことができるようになります。